便利!デイライトとしても大活躍します

特に業務用の自動車、宅配車やタクシーなどが昼間からライトを点灯しているのを見かけることは多いです。あれはデイライトと呼ばれるもので、点灯することで自分の位置を歩行者や他の自動車に知らせる役目があります。それによって事故を防ぐことができます。昼間であっても天候が悪い日や見通しの悪い道路などは、視界をクリアに保ったり、自分の存在を知らせることが難しいことも多いので、デイライトを行うことには安全確保において大きな意味があります。自動車にはフロントライトがあります。ただしこのフロントライトをデイライトとして利用すると、バッテリーに非常に負担がかかります。長時間、つけっ放しにしておくとバッテリーがあがってしまうと言う可能性も否定できません。そこで利用したいのが補助灯です。特にLEDの補助灯であれば、つけっ放しでいてもバッテリーに対する負担は少なくて済みますし、消費電力を抑えることも可能です。デイライトとしての役割が期待できるのは勿論のこと、災害時の光の確保にも役立ちます。補助灯は、周辺部品も含めてカーショップなどで販売されています。ただし補助灯については、規定が設けられています。その規定を守っていない場合は、車検が通らない場合もあります。ですからカーショップの整備士などと相談しながら装着することが求められます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿