‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

交通事故でケガ!健康保険はどこまで適用?

2016/05/12

わかりにくいのが、この交通事故の場合のケガには健康保険が適用されないと思う人は多くいます。
通常なら、任意保険の会社が色々な手続きをしてくれるので気が付かないこともあります。
しかし、この場合でも被害者の医療費は加害者が負担することは法令でも決められています。
ただ、一時的に被害者がこの保険を使用して治療を受けることは可能です。
この場合には、加入している公的医療保険の連絡をして第三者行為による傷病届などの手続きが必要です。
そして、その届けを医療機関の窓口に届けます。
この保険での治療にかかる負担は、被害者が加入している公的医療保険が立て替えをします。
後日、その保険機関が立て替えをした医療費は加害者に請求させることになります。
そのために、仮にこのケースに当てはまる時にはこの第三者行為による傷病届を用意していくと適用ができます。
これは、旧厚生省より40年以上前に出された通知があります。
昭和43年10月12日に通知されたものが残ってます。病院で保険証は使えないと言われた場合にはこのように手続きをすれば大丈夫です。
また、間違いやすいのが通勤途中での場合はこちらは労災が適用されます。
この場合は、初めから労災として処理をしていくことが必要です。

賠償額と車両残存価格!事故時の修理代はどうなるの?

2016/05/12

誰しも事故の当事者にはなりたくないものですが、その可能性はゼロではありません。
もし事故を起こしてしまい、相手の車を破損させてしまった場合は賠償することになります。
今後も乗り続けるつもりの車を壊されてしまったら、被害者は車を元通りにしてほしいと修理を要求するでしょう。しかし、その修理費用が当該車の時価より高くなってしまうことがあります。
例えば300万円で買った新車に5年間乗っていて事故に遭い、修理代が200万円以上かかるとすると、たいていの場合は修理の見積額は車の時価額より高くなってしまいます。このような場合は、この時価額が修理代の上限、すなわち賠償額となります。
時価額は車両残存価格ともいい、当該車と同一の用途・車種・車名・型式・仕様・初度登録年月の車の市場販売価格相当額をもとにして決められます。
逆に、600万円で買った新車ですぐに事故に遭ってしまった場合、修理代が200万円と見積もられたが買い換えたいので車の時価額を賠償してほしいと要求しても、修理に必要な200万円が賠償の上限となります。あくまで、まず全損か分損かが判定され、その上で修理費用と車の時価の安い方が賠償の上限金額となるのです。

加害者と被害者、保険金請求はどんなカタチになるの?

2016/05/12

交通事故の際における加害者と被害者のそれぞれの保険金請求ですが、まずは自賠責での保険金をどうするのかということになります。また、自動車同士の事故なのかあるいは自動車と歩行者の事故なのか、その他にもどちらがよい過失が大きいとされたかなどの過失割合はどうなのかといった点がポイントです。完全に自動車側に過失があるとされた場合あるいは過失割合が大きかった場合は、損害賠償を行う際にはまずは強制保険である自賠責から支払う形になります。したがって、まずは保険会社等を通じて自賠責からの賠償という流れになっていきます。
自賠責で支払いができないケースやあるいは支払いきれないような重大な事故の場合には、残りを任意保険で支払うという流れになっていきますが、任意保険会社も自賠責でまかないきれない部分を契約に従って支払っていく流れとなり、場合によっては示談が難しいケースなどにあっては裁判で白黒つけるということもあり得ます。この場合の弁護士費用等は任意保険で対応するのが一般的で、任意保険の契約如何で話は変わっていきますし、そもそも任意保険で弁護士費用などに対応していない場合もあるため、ケースバイケースということです。

自賠責保険が役立つ理由とポイント

2016/05/12

自動車保険というのは、自動車を運転する人にとっては、加入しておいたほうがよい保険です。大きくは、自賠責と任意に分けられます。中でも法的に義務付けられているものとして、自賠責保険について触れてみましょう。
自賠責というのは、自動車の登録をするときや車検に通すときなどに必ず加入しなければならない保険です。ですから、登録されている自動車は自賠責には入っていることになります。
もしも、自動車の運転中に他者を傷つけてしまうようなことがあったら、保険を使って補償をしてもらうようにしなければ、実費ではかなり高額の負担になるので、多くの人では通常払いきれなくなるのです。しかし、任意に入っていなくても自賠責に入っているはずなので、自分の補償はできないのですが、相手の補償はしてもらうことができるのです。
対人賠償として、通常3千万円程度までの補償を受けることができるので、頼りになる保険なのです。相手が死亡したり、後遺症が残ってしまった場合など、ある程度の補償を受けられるのです。
できることなら、任意保険は入っておきたいものですが、自賠責に入っていれば、相手方に対しては金銭面などでカバーしてもらえるようになっているのです。

異動があったときの保険契約とは

2016/05/12

異動という言葉の意味は様々ありますが、保険の分野においては保険契約の内容変更のことを指します。
保険を契約した場合は、その保険がいかなる種類のものであっても、保険期間が終了する前や、引っ越しや入学、就職、転職などのイベントの前後、病気や怪我の状態が改善あるいは悪化したときなど、適当なタイミングで契約内容を見直して現状に合った形に変更していくことが重要です。これを行うのが、異動です。
また、俗に掛け捨て保険と呼ばれる定期保険では、保険の契約者が保険会社に伝えない限り、保険期間の終了をもって自動的に契約が更新されて、新たな保険期間が始まっていくものも多いですが、この自動更新についても異動と呼ばれます。
保険の契約者が契約内容の更新を行う場合は、承認請求書と呼ばれる書類に必要事項を記入後、所定の位置に契約者が印鑑を押印して、加入している保険会社に提出します。提出後、書類の記載内容に問題がなければ契約内容の変更が承認されます。その後、契約内容の変更によって保険料の返還の対象となった場合は契約者の金融機関の口座にその金額が振り込まれますが、追加の支払いが必要となった場合は、保険会社が指定する方法で保険料の払込を行わなければならないので注意が必要です。

困ったときは示談交渉を頼もう

2016/05/12

交通事故が起こった際には、一般的に被害者は加害者に対して民法上の不法行為としての損害賠償を請求することができます。
被害者の感情いかんによっては損害賠償をめぐる民事訴訟に発展してしまう場合もないわけではありませんが、通常であれば、被害者と加害者という、交通事故の当事者同士が話し合いをして、損害賠償の具体的な金額や支払いの方法などについて合意をする、いわゆる示談が行われて、それで問題が解決するという場合がほとんどです。
示談そのものは当事者である本人が直接行うこともできますが、もし任意の自動車保険に加入しているのであれば、保険会社の示談交渉サービスを使うことができます。
本人ではなく、保険についての専門知識をもったスタッフが示談交渉にあたるため、話し合いで相手に押し切られてしまい、不利な立場に置かれてしまうといったミスを防ぐことができますし、自賠責保険と任意保険を合算して被害者に損害保険金として支払う場合も多いため、そうした意味でも便利なものです。
ただし、このサービスが利用できるのは、双方に過失があって、保険会社が保険金を支払うことになる場合についてのみとなります。
相手に100パーセントの過失があるようなもらい事故であれば、損害賠償としての保険金の支払いを伴うことがありませんので、こうした場合には別途、弁護士を立てて示談交渉に当たることなどが求められます。

仮渡金と内払金の内容と役割

2016/05/12

すべての自動車が加入している自賠責保険では、本請求と呼ばれる正式な保険金の支払い請求のほかにも、交通事故の被害者を確実に救済するためのしくみがいくつか設けられています。仮渡金は、加害者が損害賠償金を支払わなかったり、正式に損害賠償金の支払いを受ける前に、当座の治療費や手術代が必要となった場合などに使える制度です。基本的に被害者から保険会社に請求するもので、加害者からは認められません。死亡の場合であれば290万円、ケガの場合は入院した日数や症状などによって異なるために一概にはいえませんが、治療日数30日以上で入院14日以上であれば、最高額の40万円までが認められています。請求した後ですぐに支払いが行われるため、さまざまな書類を揃えてからの手続きとなる本請求よりもかなり便利な制度といえます。ただし、本請求の際には、すでに受け取った分の金額は差し引かれます。また、内払金というのは、ケガの治療が長引いて全体としての損害賠償の金額が確定していない段階であっても、病院から治療費の請求を受けるなどの出来事があったつど、保険会社に対して請求が行えるという制度です。この制度はすでに廃止されていますが、実際にはかつての内払金と同様のことを、本請求として行うことができるようになっています。

名義人変更と具体的な手続き

2016/05/12

自動車の名義変更は、個人で行うには難しく、面倒といった印象がありますが、実はそれほど難しくはありません。
自動車販売店などに依頼して代行してもらうことも出来ますが、その場合は数万円の依頼料がかかってしまいます。
個人で行えば数千円の手数料のみで済み、節約することが出来ます。
ここで、具体的な手続きの仕方について説明しますので、参考にしていただければ幸いです。

申請は、住んでいる地域の陸運支局に必要書類を揃えて提出するだけです。
手数料や用紙代、ナンバープレート代などで、地域によって異なりますが2000円前後の費用がかかります。
ここで問題になってくるのが、この「必要書類」ですが、事前に入手または記載が必要になってきます。
入手する必要がある書類は「車検証」、「新使用者の車庫証明書」、「旧所有者の印鑑証明書」、「新所有者の印鑑証明書」で、記載の必要がある書類は「譲渡証明書」、「旧所有者、新所有者両名が記載した委任状」です。
その他、「申請書」、「自動車税・自動車取得税申告書」、「手数料納付書」も必要ですが、これは申請の際に窓口で入手しその場で記載するものですので、事前に用意する必要はありません。

車庫証明書については発行から概ね1か月以内、印鑑証明書は発行から3か月以内と期間が定められているので注意が必要です。
委任状は決まった様式はありませんが、譲渡証明書は様式が決まっていますので、用紙を入手する必要があります。
書類に不備があった場合は、申請出来ないことになりますので、不明な点は、事前に陸運支局に問い合わせてみると良いと思います。

保険料と補償範囲の基礎知識

2016/05/12

運転免許を取得したら、早速、車を購入しようと考えている人は多いと思います。ただ、自動車保険の加入まで意識している人は少ないのではないでしょうか。とはいえ、車を運転する以上、自動車保険の基本くらいは、知っておく必要があるでしょう。
さて、保険というものは、年齢によって保険料が変化するものです。例えば、生命保険の場合、年齢が高くなるに連れて、上昇していきます。一方、自動車保険の場合、年齢が高くなるに連れて、低下していく仕組みとなっています。つまり、若年者の方が、支払う金額が高く設定されているのです。実は、これには過去の事故率のデータが影響しています。つまり、免許取り立ての未熟なドライバーや無謀な運転をする若者による事故が多く発生していることが、若年層の事故率を引き上げている可能性が考えられます。
このほか、自動車保険には、年齢制限を設けている種類もあります。つまり、補償範囲が定められているのです。この補償範囲から外れた年齢の人が、故を起こしてしまった場合、補償されない可能性があるのです。例えば、息子が免許を取得し、自宅の車を共有するようになったなどという場合には、事前に加入している自動車保険の補償範囲を再確認しておく必要があるでしょう。

自賠責保険と任意保険、知っておきたいポイント

2016/05/12

 ベッド自動車を購入したり、車検を受けたときに加入しなければならない保険が自賠責保険です。これは法的に加入が義務付けられているため、加入していない場合には罰則があります。この保険は自動車事故の増加により、保険に加入していない加害者が被害者に補償を行えなくなることを防ぐためのものであり、必要最小限の保証になります。人身事故だけが対象になり、相手側の負った傷害などに対しては保険金が支払われます。しかし、住宅などにぶつかって損壊させたようなデスク02事故や、人身事故でも自分が負った傷害については補償されません。また、補償額には上限があり、これを超える損害に対しては超過分は自分で支払うことになります。複数の保険会社から加入できますが、補償内容はどこで加入しても同じです。
任意保険とは、損害が大きくなる場合や車両、その他の物に対する補償、自分自身の負った傷害に対する補償などを受けるために加入するものであり、強制ではありません。任意保険の場合は保険会社によって保険料や補償内容に違いがあるため、比較して自分に合っている保険を選びます。任意保険は強制ではありませんが、万一に備えて加入しておいた方が良く、加入している人の割合の方が高くなっています。

最近の投稿