独立懸架方式の特性

独立懸架方式とは、自動車のサスペンションアームにおいて、4輪全てが独立して動くという特性を表現した用語です。あまりにも難しすぎて、これだけでは独立懸架方式の意味はお分かりいただけないでしょうから、もう少し掘り下げて説明します。
サスペンションが4輪それぞれに装着されている役割ですが、道路を走行中の路面の変化を吸収し、乗り心地をよくするためです。実際はサスペンションだけでは変化があまりにも大きくなりすぎるため、コイルスプリングでその変化をさらに吸収することで乗り心地の改善を図ります。現在の乗用車ではサスペンションアームとコイルスプリングの役割は切っても切れない縁にあります。
独立懸架方式の最大の特徴は、ご自身でタイヤ交換をされれば一番お分かりいただけます。例えば、車載ジャッキを使って右後輪を持ち上げようとすると、右後輪のサスペンションが一番伸びます。この時、対角となる左前輪は一番負荷がかかるため、サスペンションが一番深く沈み込みます。よく観察すると、その他のサスペンションの伸びる量、沈む量は全て異なっているのが当たり前なのです。これが、独立懸架方式のメリットです。
実際車の運転をしている時に、誤って左急カーブに早い速度で侵入してしまったとします。この際、独立懸架方式のサスペンションでなかったら、右側のサスペンションが伸びずタイヤが地面に接地しないために大変不安定な状態になってしまいます。最悪の場合はフロントタイヤだけに強い駆動力がかかってしまい、スピンしてしまう可能性も有り得るのです。車を安全にコントロールするためには、4輪全てに駆動力が伝わっていることはとても大事なことなのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿