ダブルウィッシュボーン式の特性

自動車のサスペンションには、左右の懸架装置が連動する車軸懸架方式と各車輪が個々の動きをする独立懸架方式があります。車軸懸架方式は、懸架装置が単純な構造で小型であり、車体に対する負荷が少なく耐久性が高いメリットがありますが、ダブルウィッシュボーン方式やスイングアーム方式などの独立懸架方式に比べて乗り心地が悪いデメリットがあります。
独立懸架方式は、各車軸が懸架装置が独自に路面の凸凹に対して追従する為、バネ下重量の軽量化や操縦安定性の向上、車体低重心化が可能です。
独立懸架方式の一つであるダブルウィッシュボーン式は、地面に対して水平に取り付けられたアッパーアームとロアーアームの2本のアームで車軸やハブなどを支持する構造であり、アッパーアームやロアーアームの角度の変更に加えて、キャスター角やキャンバー角などのジオメトリーの微調整を行う事で、制動時のノーズダイブや加速時のスクワット効果の減少が出来ます。又、ロール時の外側タイヤを常時垂直に保つロールセンターの設定や懸架装置のレバー比の設定が自由に出来る特性があります。
その為、現在ではF1やスーパーフォーミュラーなどのレーシングカーに採用されており、市販車では一部のスポーツカーや高級車に採用されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿