道路標識が見えない場合の違反

???? Vol.56 ??????????????交通の際には道路標識に示されて内容に従っていかなければいけません。当然それを破れば交通違反として罰金を始めとした何かしらのペナルティを背負わなければいけなくなります。なので交通の間は常に見て判断しなければならないのですが、ここで問題なのが、何かしらの障害物が存在していて見えなかった場合です。この場合は見て判断することができないので簡単にその内容に反した交通方法をしてしまうことがあります。ではそれで交通違反したらどうかというと、このケースでは交通違反とはみなされません。というのもそもそもこの概念が見やすい位置に管理しなければならないという規約があるため、見えない場合にはないものと見ていいということです。ただ、視覚的な問題なので違反したかしないかで揉める可能性の高い問題でもあります。そしてその見えにくい要因のものによっては木の場合だとその枝が切られてしまう等の証拠隠滅がされる場合があるので、予めその現時点での風景を証拠写真として残しておきましょう。また、見えないと困るということもあるので、そのようなところが見つかった場合には警察や市役所の方に連絡してしかるべき処置を取ってもらって見えるようにした方がいいでしょう。見えないということは交通のルールが乱れて思わぬ事故に繋がる可能性があるからです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿