液体貯蔵と燃料自動車の関わり

燃料電池を使用した自動車は燃料電池で発電した電気エネルギーを使ってモーターを回す事で動く電気自動車です。電気自動車の多くは充電池いわゆる2次電池を使って充電した電気エネルギーで走行していました。しかし、燃料電池自動車は水素ガスを使い発電した電気エネルギーで走行します。燃料電池とは構造は電池の構造をしていることからこのような呼び名をしますが、実質的には発電装置です。水素ガスが電極内で水に変わるときに発生しているエネルギーをタービンなどを回すのではなく直接電気エネルギーへと変換します。そのため、排熱などの電気として使用できないエネルギーロスを極めて低く抑える事が可能で、効率よく電気エネルギーへと変換する事ができる発電機です。気体状態の水素では貯蔵スペースが大きくなってしまいます。そのため、水素を液体貯蔵して貯蔵スペース(燃料タンク)の大きさを小さくする事が可能となります。通常の気体は低温高圧下で液体になります。しかし、それでは保存する燃料タンクのコストが極めて高価なものとなってしまいます。それを克服したのがトルエンなどの液体に水素を閉じ込め、利用するときに触媒を使って気化させる方法です。この技術のおかげで貯蔵コストが大幅に低下したのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿