技術の進化!車の電球がどんどん便利になっていくワケ

車の電球は、夜間走行などのシーンで必需品で、それだけに安全な視界を確保する上でも欠かすことが出来ないものです。特に車はストップランプやウィンカーランプなどが付いていますが、なかでも前方を照らす上でも欠かすことが出来ないのがヘッドライトです。

以前は家庭用と同じ白熱電球を用いていましたが、現在では白熱電球では十分な光量もなく暗く感じ、それで寿命も短いデメリットがあるため、ハロゲンバルブが技術開発され盛んに用いられています。さらにはHIDという明るい電球まで登場し、テールランプでは省電力のLEDライトも採用されています。

車の電球がどんどん進化していく理由は、長年乗り続けるものであり、しかもバッテリーとの兼ね合いからも省電力でしかも明るいほど良いという技術開発の目的があるためです。当然、明るければ、運転者の視界を広く出来たり遠方まで見ることが出来たりするので、安全運転にも貢献します。

しかも暗い夜道でも対向車が来ていることのアピールにも繋がり、さらに安全も増します。また短い寿命で電球が暗くなったり、いきなり切れてしまうことが多ければ、それだけ安全運転も確保しにくくなる可能性もあります。

ハロゲンバルブやHIDはカー用品店に行けば、様々な種類が販売されています。実際に交換する上では適合表を参考にして、選択を行ないます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿