異動があったときの保険契約とは

異動という言葉の意味は様々ありますが、保険の分野においては保険契約の内容変更のことを指します。
保険を契約した場合は、その保険がいかなる種類のものであっても、保険期間が終了する前や、引っ越しや入学、就職、転職などのイベントの前後、病気や怪我の状態が改善あるいは悪化したときなど、適当なタイミングで契約内容を見直して現状に合った形に変更していくことが重要です。これを行うのが、異動です。
また、俗に掛け捨て保険と呼ばれる定期保険では、保険の契約者が保険会社に伝えない限り、保険期間の終了をもって自動的に契約が更新されて、新たな保険期間が始まっていくものも多いですが、この自動更新についても異動と呼ばれます。
保険の契約者が契約内容の更新を行う場合は、承認請求書と呼ばれる書類に必要事項を記入後、所定の位置に契約者が印鑑を押印して、加入している保険会社に提出します。提出後、書類の記載内容に問題がなければ契約内容の変更が承認されます。その後、契約内容の変更によって保険料の返還の対象となった場合は契約者の金融機関の口座にその金額が振り込まれますが、追加の支払いが必要となった場合は、保険会社が指定する方法で保険料の払込を行わなければならないので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿