加害者と被害者、保険金請求はどんなカタチになるの?

交通事故の際における加害者と被害者のそれぞれの保険金請求ですが、まずは自賠責での保険金をどうするのかということになります。また、自動車同士の事故なのかあるいは自動車と歩行者の事故なのか、その他にもどちらがよい過失が大きいとされたかなどの過失割合はどうなのかといった点がポイントです。完全に自動車側に過失があるとされた場合あるいは過失割合が大きかった場合は、損害賠償を行う際にはまずは強制保険である自賠責から支払う形になります。したがって、まずは保険会社等を通じて自賠責からの賠償という流れになっていきます。
自賠責で支払いができないケースやあるいは支払いきれないような重大な事故の場合には、残りを任意保険で支払うという流れになっていきますが、任意保険会社も自賠責でまかないきれない部分を契約に従って支払っていく流れとなり、場合によっては示談が難しいケースなどにあっては裁判で白黒つけるということもあり得ます。この場合の弁護士費用等は任意保険で対応するのが一般的で、任意保険の契約如何で話は変わっていきますし、そもそも任意保険で弁護士費用などに対応していない場合もあるため、ケースバイケースということです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿