これは交通違反になる?ならない?違反の事例特集!

???? Vol.56 ??????????????車の乗っていると、こういった場合どうすればいいのか、迷うこともあります。
最近よく取り締まりをしている交通違反として、知られるようになったのが、ダイヤの形のマークの付近には横断歩道があり、そこに歩行者がいたら、徐行して停止し、歩行者を通すといったことをしなければなりませんが、それを見逃し通り過ぎてしまうと罰金や減点などの対象になるというものです。これは捉え方がとても難しいのですが、中には横断歩道に人がいたとしても渡ろうとしているわけではなくて立っているだけの時や、歩行者が車のドライバーに気を利かせて、先に行くように指示したときなど、見る人によってはどちらとも考えられることもあるのです。
また、交差点を左折しようと思ったときに、信号のある横断歩道を渡ろうとする歩行者がいて、通常は渡すのを待つわけですが、歩行者側の信号が点滅だったり、すでに赤に変わっているときにはどちらが優先になるのかを考えたときには、信号を守らない歩行者よりも左折をしようとしている自動車になることでしょう。
このように、判断をするのに微妙な状況というものもあります。警官が見ていて、それが全て正しいというわけでもなかったりして、当事者同士が一番分かっていることもあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿