固定車軸方式の特性

固定車軸方式のサスペンションは、道路からの衝撃をやわらげるためにサスペンションが使われるようになった初期の頃から使われているタイプです。これは、左右の2輪を車軸などでつないで、バネとショックアブソーバーなどで衝撃をやわらげるような構造をしています。
固定車軸方式にも何種類かありますが、構造が単純で部品数も少ないためコストを安くできます。また、耐久力があり、車室を広くとれるなどの利点もあります。ただ、走行安定性は独立式と呼ばれるタイプより良くないことなどから、トラックやファミリカーの後輪など、コストを重視した車に使われることの多いタイプです。
トラックなどの後輪によく使われる固定車軸方式はパラレルリーフ式と呼ばれています。これは、リーフスプリングで車軸を受け止めて、リーフスプリングの前後で車体と固定される構造をしています。このタイプは耐久性に優れていて、低コスト、荷台を広くとれるなどの利点があります。
ファミリーカーのFF車の後輪には、固定車軸方式のトーションビームアクスル式がよく使われます。これは、トレーリングアームで車体とつなぎ、左右のトレーリングアームをアクスルビームという金属棒でつなぐ構造をしています。これは、コストが安いにもかかわらず、パラレルリーフ式より走行安定性が優れています。ただし、この方式は荷重の大きいトラックなどには向いていません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿