暗い!事故りそう?!高性能ハロゲンバルブに交換するメリット

年式の古い車や低級グレードの車のヘッドライトは、ハロゲンバルブが採用されていて、HIDやLEDに比べて暗いのが現状です。
少しでも明るくしたい場合は、高性能ハロゲンバルブに交換する事で多少は明るくなり改善されますが、HIDやLEDの比ではないです。
高性能ハロゲンバルブへの交換のメリットとして、発生する料金はハロゲンバルブのみだけなので比較的安価で済み、交換作業は特別な配線などは不必要で簡単に交換ができます。
ハロゲンバルブへの交換作業時、ガラス部分に油分が付着すると点灯時に高温になり、寿命を縮めてしまうので、直接手を触れないように注意します。
ハロゲンバルブの色や明るさは色温度と呼ばれるケルビンという単位で表示され、黄色系が3000ケルビン程度で白色系が4000ケルビン程度、青色系が6000ケルビン程度となっていて、好みの明るさや色に変える事が簡単にできますので、雨の多い地域は黄色系を選び、ファッション性を重視したいのであれば青色系を選ぶなど、ヘッドライトのイメージチェンジも容易にできます。
また、点灯時は熱を発生させるので、降雪時の走行などではヘッドライトに付着した雪を溶かしてくれるので、ある程度の視界は確保できます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿