車の運転!夜道で活用中のランプについて

???? Vol.123 ??????-?????????? 車には必ずランプ類が取り付けられており、国産車の場合ではヘッドライトやテールランプがメインになりますが、他にも車幅灯やウィンカー、車種によってはフォグランプなどが取り付けられています。これらのパーツ類に関しては、古い時代では周囲から車の存在を知ってもらう方法として用いられてきた背景がありますが、現在ではドライバーにとって特にヘッドライトなどは夜道の運転で活用するものとして進化をしているパーツとしても知られています。運転上として夜間走行は視界が良好ではないことが特徴になり、ヘッドライトなどは明るいものが純正パーツとしても使われるようになりました。従来型のハロゲンランプでも高性能なタイプが用意されていて、十分な明るさを保つことができ、尚且つ交換が簡単なメリットがありますが、現在ではHIDタイプやテーブルLEDなどを活用したものが普及をしています。このタイプの場合では十分な視認性を保ちながら、見た目が非常に良いことを挙げることができ、ドレスアップ用として利用している方も存在しています。耐久性にも非常に優れていて、直ぐに球切れを起こさないメリットや、消費電力を大きくカットできるメリットもあります。テールランプに関しても近年ではLEDを用いているものがあり、昼間であっても確認しやすい環境が整っています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿