メタノール自動車は低公害車!環境に優しい理由

  この車種の一番大きな特徴として、その低公害性があげられます。
一般的な家庭用自動車で低公害な物としてはクリーンディーゼル車が上げられるのですが、この車種は黒煙、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)排出量などのディーゼル車の半分以下と非常に環境に配慮した車となっているのです。
その理由として燃料に使われるメタノールにあります、これは一般にはメチルアルコールや工業用アルコールとよばれるもので、その名前の通りアルコールの一種です。学生の頃にアルコールランプを使用したことがある方ならわかると思いますが、アルコールを燃やした場合油を燃やすのに比べて煤などが出にくく、少量の二酸化炭素などが発生するのみで環境への影響が少ないのです。
またこの車種が低公害車の中でも注目を集めている理由として既存のガソリン車やディーゼル車を改造してそのまま利用できるという事で、特にガソリン車であればガソリンと併用して利用が出来るなど他の低公害車に比べて制約が少ないという所が上げられます。
ただし、問題ももちろんあり、アルコールはガソリンなどに比べて効率が良すぎる為持続性が無く、同じタンクでは走行距離が落ちてしまいます。その為ガソリン車などと同様の走行距離を持たせるにはタンクを大きくする必要があり自ずと大型車に限られてしまいます。その為家庭用の分野ではほとんど使われず、工業用の分野で広まるのみとなっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿