制限速度の5km/hオーバーした場合の違反

どんな道路においても制限速度が定められており、この数値を少しでもオーバーする事は法律上許されていません。しかし、道を走っているとわかるようにそういった速度をしっかりと1kmもオーバーせずに走っている車はあまり見かけません。速度を守ろうと思っていても、気がつくと5km超過していたという事はよくある事です。しかし、1kmでも超過する事があれば違反は違反であるので、警察がそれを知って取り締まる場合においては素直に従わなければなりません。運転手としては、その程度のスピード超過で罰金や減点をされるのは腑に落ちません。何故なら自分以外のほとんどの人がその様にわずかでも超過しているのに、自分だけ捕まってしまうのは嫌だと考えるからです。しかし、これは運が悪かったとしか言い様が無く、仕方がないと諦めるしかありません。5km超過で課せられる罰金は9000円です。そして減点は1点となります。油断したわけでもなく、この程度で捕まるとは思っていなかったという理由でこの様な処分はやるせない気持ちになるので、日頃から1kmも超過せずに走る様にしておく事が大切です。5km超過で捕まる事は珍しいですが、万が一の時の為にも注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿