ショックアブソーバの種類と特徴

車のサスペンションは、スプリングで路面からの衝撃を緩和しますが、スプリングだけでは、衝撃を受けた時のボディの振動が中々収まらないので、ショックアブソーバによって早期に振動を抑えます。一般に自動車のショックアブソーバは、伸縮するシリンダー型のものが使われています。
シリンダー型のショックアブソーバには、単筒式と複筒式の2種類あります。単筒式は、外筒の中にオイルとガスが入っていて、その中をピストンが上下する構造をしています。複筒式は、外筒の中にもうひとつの内筒が入っていて、中にはオイルとガスでみたされています。ピストンは内筒の中を移動することで伸縮します。内筒のオイルは、ピストンが縮んだときに内筒と外筒の隙間に移動します。
どちらの方式でも、内封されているガスは、ピストンの位置決めのために使われています。ガスの圧力は、単筒式では高圧ガスを複筒式では低圧ガスが使われています。
それぞれの方式の特徴は、単筒式は強い強度のものをつくれることやキャビテーション(ピストンの動きによって筒内のオイルに泡が生じること)が起きにくいことなどが、複筒式は全長を短くできることや減衰力調整式のものがつりやすいなどがあります。
なお、自動車のショックアブソーバの中には、全長を変えられるタイプのものもあります。これは、車高を調整する時に使われます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿