知らなかった!LEDが消費電力を抑えられる理由

車のライトは明るければ明るいほど、道をはっきり照らすので安全性が高くなります。よって補助灯の使うのはLEDが適しています。LEDは白熱電球より消費電力を抑制することが可能です。同じ明るさで2つのライトを照らすと、白熱電球はおよそ6倍の電力を使います。温度も非常に高くなります。白熱電球はフィラメントを発熱させて、光を出すので多くの電力が熱を持ちます。一方で、LEDは発熱しません。電力の多くを光を出すことに使って、熱が出ないので消費電力を少なくして明るく照らすことができます。よって寿命が長いので、バッテリー持ちが良くなります。また点灯した瞬間の立ち上がりの速さが評価されています。補助灯は夕方や雨の日だけに使うわけではありません。突然真っ暗なトンネルに入るとすぐにライトを点けますが、すぐに明るくなるので事故のリスクを回避します。以前までは非常に効果でしたが、コストが下がっているので高級車以外でも取り付けることが可能で、今後はLEDが主流になると考えられています。補助灯が明るいと対向車に自分の車の存在を伝えるのに便利です。光の照射範囲も広いので山道など街灯がない場所を走行する時も心配ありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿