知っ得!カーパーツ交換の基礎知識

ソファーとテーブル カーパーツの中でも地味な部類に入るシートベルト、これは自動車の急停止や急旋回時に身体がフロントガラスやハンドルに叩き付けられたり、または車外に飛び出すのを防止する役割を持った重要なパーツです。
シートベルトの構造は身体を固定してくれる帯状のストラップと、それを座席に固定するバックル、そして車体部分に固定されている巻取り装置のリトラクターで構成されています。

交換時期に関してはかなり長く使える部品です、というのもシートベルトは雨風に晒されることも無ければ高い熱を持つような事もなく、加えて頑丈なパーツであるからです。
ダイニング01車の管理状態や環境にもよりますが、概ね10年から15年程度で寿命がきます。
シートベルト交換を民間の整備工場やカーショップに依頼する場合、部品交換で済ませるか一式交換を行うかで費用が大きく変わってきます。
部品だけを取り替えるならさほど高い値段にはなりませんが、シートベルト本体を取り替えるのはかなりの金額が必要になります。
この時中古品もしくは同等品を取り入れると値段は安くなり、純正品を使用して対応する場合は高額となります。
ただし、中古品を使うと保証対象外となるケースが大半なのでよく考えてから決めましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿