ストラット式の特性

自動車の懸架装置には、左右の車輪に装着した車軸をショックアブソーバーとスプリングで車体に取り付けたリジッドアクスル方式と呼ばれる車軸を固定した懸架装置と、各車輪の懸架装置が単体で構成されている独立懸架方式に分類されています。
リジットアスクル方式は、シンプルな構造なので整備がし易く、安価であるメリットがあります。独立懸架方式は、路面の状況に対して的確に応答し接地性に優れ、乗り心地が良いメリットがあります。
独立懸架方式には、マクファーソンストラット式、スイングアーム式、ダブルウィッシュボーン式、マルチリンク式などの種類があります。
マクファーソンストラット式の懸架装置は、懸架装置自体がアッパーアームの役割を果たしているので、少ない部品で設計する事が可能な大幅なコストダウンが出来、懸架装置自体が小型化が可能なのでコンパクトカーをはじめ多くの市販車に用いられています。
マクファーソンストラット式の懸架装置は、ボディーへの取り付け位置が上下に分散しているのでボディーに対する負荷が少なく、他の方式の懸架装置に比べて大きなストロークの確保が可能ですが、コーナーリング時にはストラット自体が横力を受け易い為に逆にストロークに制限がかかる特性があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿