サスペンションの種類と役割

サスペンションとは、クルマのボディとタイヤとの間に取りつけられる装置で、スプリング、アーム、ショックアブソーバーの三つから構成され、タイヤの位置を決定したり、路面からの衝撃を吸収・緩和する役割があります。サスペンションの種類によって、乗り心地や走行性能が大きく変化します。

サスペンションは大きく車軸を固定したリジッドアクスルと呼ばれるものと、独立懸架したインディペンデントサスペンションと呼ばれるものに分けることができます。リジッドアクスルは車軸が左右のタイヤに装着され、ショックアブソーバーとスプリングでボディに取り付けられています。コストを安く抑えることができ、整備が楽なのが特徴ですが、乗り心地や運動性能の面で劣ります。

それに対してインディペンデントサスペンションは、左右の車輪が独立して動きます。そのため接地性に優れ、乗り心地が良くなります。さらにこの独立懸架方式には、マクファーソンストラット式やダブルウィッシュボーン式、マルチリンク式など複数の方式があり、クルマの性能やキャラクターに合わせて選択されています。一般的に安いクルマはマクファーソンストラット式が、スポーツカーや高級車にはダブルウィッシュボーン式が採用されることが多いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿