後ろの車にあおられてスピードを出した場合の違反

ソファー動車を運転中に迷惑を感じることの一つに、後を走る車が車間距離を著しく詰めてくること挙げられます。煽りであり、威圧であり、悪趣味であり、自己中心的であり、非常に嫌な印象を受けます。さっさと追い越してくれると気が楽ですが、片側一車線を走行中などそうもいきません。そこでやむを得ずこちらも速度を上げざるを得ないと感じるのです。しかしもし、そのことで速度違反になった場合、後から煽られたというのは正当な理由になるのでしょうか。

残念ながらそうした主張は退けられ、後続車とともにスピード違反者になるという不名誉な結果となります。

自動車を運転していると、自然な交通の流れ、というものを実感するときがあります。例えば遵法運転に徹しても、他の車の流れ全体が速度超過だとかえって交通の流れを乱してしまうという場合です。しかし法規は法規ですので、遵法運転は当然です。敢えてこのような自然な交通の流れに乗るということは、文字通りの危険な自己責任なのです。

では先の問題に戻り、後の車が車間距離を保ってくれない場合はどうすれば良いのでしょうか。まずは速度を遵守して運転します。そして後続車が車間距離をどんどん詰めてきたら、フットブレーキをごく軽く踏みます。ブレーキが利くほど強く踏むと追突される場合すらありますので、ブレーキランプが灯る程度に踏むのです。こうすれば相手は減速せざるを得ず、その後も車間距離を詰めてくるようであれば同じことを繰り返して応じるしかありません。速度を上げる意志なし、と相手は理解し、適当なタイミングで追い越していってくれるでしょう。相手の追い越しが違反対象であってもあなたには当然責任はありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿