前兆調整車高調整の特徴

ショックアブソーバーとは自動車の振動を抑えるためのもので、スプリングの中央に取り付けられています。オイルが小さな穴を通る時の抵抗で減衰力を発生させる仕組みとなっていて、スプリングが衝撃を吸収し、伸びようとする力をショックアブソーバーの減衰力で抑えます。ショック、ダンパーとも呼ばれます。ショックアブソーバーには、大きく2つに分けて純正形状のタイプと、車高調整式のタイプがあります。純正形状のタイプはコストが安く、作りがシンプル。新車を買うと着いてくるものですね。車高や減衰力の調整をすることができません。一方車高調整式ショックアブソーバーには、更に大きく分けて二種類のものがあります。ネジ式と、前兆調整車高調整式です。これはスプリングの長さを伸ばしたり縮めたりして車高を調整するタイプ。取り扱いも簡単な上コストも安く上がります。しかしスプリングの長さを短く調整しすぎるとショックが縮んだ状態で固定されるため、通常よりストローク範囲が狭くなり乗り心地が悪くなるということも。また、ショックが限界まで縮み込んでしまう「底付き」が起きてしまいます。調整できる範囲が狭いデメリットもあり、車種や商品によっては車高が下げにくい物もあります。一方前兆調整車高調整式とは、スプリングの長さを変えずに車高調整ができるもの。スプリングの長さを変えないので、どんな車高でもストローク量が変わらず乗り心地が変わりにくいメリットが。底付きも起きにくく、細かい調整も可能です。しかしコストが高くついてしまうため、どうするかは予算の面とも相談しつつ選びたいですね。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿