事故を防ぐ!電球を選ぶときのポイント

自動車のライト類に関しては、かつては対向車など相手側に存在を報せることを目的にして取り付けられていると言われてきた背景があります。しかし、自動車を安全に運転するためには、運転者側からしても視認性に優れたものを用いる方法で、視界を良好に保つことができ、結果的に安全運転につながることになります。ヘッドライトを例にした場合では、従来型のハロゲンランプなどを用いている車種があります。このタイプではワット数はそのままの状態を保って、色温度を高くできるバルブが販売されています。非常に明るいものが登場しており、十分に活用できますが、新しいタイプではHIDを利用しているものやLEDを活用しているものまで登場しています。電球をHIDやLEDタイプに変えることについては、視界を良好にすることだけではなく、電球自体の寿命を大幅に向上させることもできます。さらにハロゲンランプと比較をした場合では消費電力をかなり下げることができることによって、バッテリーにも負荷を与えずに済ませることができます。実際にLED電球などでは様々な明るさに設定されているものが売られていますが、選ぶときのポイントとしては他車に迷惑がかからない程度で車検にも通る明るさのバルブを用いることが必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿