純正形状の特徴

純正自動車の場合でも必ずショックアブソーバーが設定されています。一般的な車種の場合では、4本のタイヤについて1本ずつのショックアブソーバーが取り付けられており、その純正形状に関しては注射器のようなスタイルを保っているものです。油圧式などで上下に動くタイプが多く用いられていて、円筒状に仕上がった純正形状によって、スムーズな走りを実現させることができます。純正形状の特徴の中にはカラーリングを挙げることもできます。一般的に多いものではブラックに仕上がったもので、外観上としては目立つことの少ないパーツになります。サスペンションと呼ばれるバネがありますが、ショックアブソーバーはサスペンションとのバランスも大切です。自動車を走行させる場合では、路面状況によって車体に振動が発生することになりますが、その振動を抑制するためにショックアブソーバーとサスペンションの能力でカバーすることが行われています。どちらも硬めの場合では振動を感じやすくなる傾向がありますが、逆に柔らかい状態では車体が大きく揺れてしまうことがあります。そのため、バランスを十分に考えた設計が重要視されていますが、スポーツタイプの場合では若干硬めに設定されることが一般的です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿